産後骨盤矯正|背骨骨格矯正|頭痛のことならレジスタ整骨院にお任せ

産後骨盤矯正

  • HOME »
  • 産後骨盤矯正

妊娠・出産によって開いた骨盤を出産後、そのままにしていても歪んだ骨盤が自然に正しい位置に戻ることはありません。

特に帝王切開はなおさらです。


さらに、産後そのままにして育児に追われる方が多くで肩こりや腰痛悩ませれている方が多いのが現実です。
産後の骨盤矯正をすると肩こりや腰痛も同時に解消できます。

そこで大阪府豊中市のレジスタ整骨院では
背骨や骨盤の歪みや動きが悪くなっている箇所を検査し、正しい位置に戻してあげることを産後の骨盤矯正といいます。


正しい位置に戻す時期は産後1ヶ月頃がいいといわれています。
注意
帝王切開の方は傷口が完全に塞がってからの産後の骨盤矯正になります。

産後骨盤矯正はこのような症状に当てはまる方が来院されています

 

産後の骨盤矯正の重要さ

産後は赤ちゃんに気を取られ母親は自分のことを後回しにしてしまいがちです。
育児にかかりっきりになるので自分のことまで気が回らない事がどうしても多くなっていると思います。

その後の生活にもとても大きな影響を与えます。


その中でも産後のケアはとても大切です。
特に骨盤のケア(矯正をして元の正しい位置に戻す)はとても重要になります。

 

 なぜか??

妊娠中は骨盤を固定している靭帯が緩み骨盤を広げることで胎児を育みます。
出産後広がった骨盤はすぐに戻るのではなく時間をかけてゆっくりと戻ります。

 

個人差はありますが
約3カ月で元のサイズ

に、戻るといわれていますが出産前と全く同じ状態の
骨盤の場所には戻りません!!
産後は育児によって(赤ちゃんの抱っこ、おむつ替え、授乳など)身体の左右のバランスが崩れ、骨盤の負担も大きくなります。
育児や日常生活によって生活によって発生する骨盤の左右差や前後に差ができたまま固定されると腰痛や生理痛不妊冷え性更年期障害などの原因になることもあるためレジスタ整骨院で産後の骨盤矯正で元の位置に戻してあげることが大切です。
人間の土台とまで言われている骨盤が産後歪んだり動きが悪くなったままだと・・・・

などといった様々な支障が体にでる可能性があります。
そこで産後の骨盤矯正をすることにより上記の症状を予防、改善していきます。

産後矯正のメリット

 

など多くの症状が改善します。

産後の骨盤矯正は骨盤ベルトでも良いんじゃないの??と聞かれることも多いですが
骨盤ベルトだと・・・・
というメリットがある反面
というデメリットもあるのです!!
ベルトも決して悪いもではないですが、
まずレジスタ整骨院にきて骨盤矯正体験してみてください。

 

仙腸関節

この関節がとても重要!!

仙腸関節はとても強い靭帯に囲まれていて本来、動かない関節と言われています。
しかし、ごくわずかに可動性を持っています
妊娠、出産後の方はここの仙腸関節の可動性が増大することが知られています。
なので、ここの箇所の痛みを訴える方が非常に多いです。
でもなぜ本来動きが少ない仙腸関節が妊娠、出産で動くのか?
それは女性ホルモンが影響しているんです!!
妊娠することによってホルモンが増加します。
その増加の作用によって靭帯がゆるくなるように働くのです。
靭帯がゆるくなれば関節が自由に動けるようになり、骨盤が広がっていくようになるのです。
なので、妊娠から出産まで本来、動きが少ない仙腸関節が動き周りの関節や靭帯もゆるくなるのです。
出産後も骨盤が開いている状態なので痛みが続く方がいます。
しっかり良い状態に戻す為にもこの仙腸関節だけでなく骨盤周りの矯正がとても重要になります。
レジスタ整骨院では豊中市では中々ない
仙腸関節の施術、矯正をしている整骨院です。

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 06-7509-5476 受付時間 午前9:00~12:00 午後15:00~20:00
    日・祝休診
    

PAGETOP
Copyright © レジスタ整骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
予約の電話・ご相談はコチラをタップ
error: Content is protected !!