意味なく頭痛が出たり、雨の日、曇りの日に頭痛が出たり色々調べたけど原因がわからなかったりする人いますよね?

 

さらに近年、パソコンやスマホ、タブレッドの急激な普及により画面をじっと見ることが増えています。

しかも、椅子に座って見るだけでもかなり首や肩に負担がかかるのにスマホやタブレット用に持ち運びができていつでもどこでも見れるようになりより一層身体への負担が懸念されています。

寝ながら見たり、色んな角度で見れるようになったので肩こりや腰痛の原因にも移行されている方も多くいます。

様々な頭痛の種類がありますが大体の原因は…

筋肉の硬さのせいで脳へいく血流の流れの悪さが原因

頭痛が出ている人の特徴で首や肩の筋肉の硬さが見られます。

その筋肉には神経や血管が通っています。

首の近くにある血管は脳へいく栄養血管があります。

血管の中には色々な成分がありますがその中の1つに酸素を運ぶという大事な役割があります。

その血管が筋肉の硬さにより圧迫されます。

 

圧迫されることによって脳へのいく京葉血管が十分にいかなくなっていきます。

そなような状態になると脳がどんどん酸素不足になってしまい、脳が酸素をほしがります

その際に頭痛が起きるのです。

 

脳や頭を詳しく調べても原因が出てこないのはこのようなことがあるからです。

原因は脳や頭ではなく筋肉の硬さが原因だったのです!!

これを知っている方は本当に少ないです。

これに辿り着くまでに色んな検査をしてどうしたいいのかわからない方が多くいらっしゃいます。

まずは筋肉の硬さをとることを最優先にして下さい。

しかし、頭痛が出るくらい筋肉が硬くなっているのはもしかしたら首や背中の歪みがあるかもしれません。

頭痛が出たらまず冷やして対処しろ

頭痛が出る原因は筋肉の硬さが原因だとお伝えしました。

頭痛がでるほど筋肉の硬さが出ているということは筋肉はすごく頑張っている状態ということです。

けしてリラックスしている状態ではなく常に興奮状態ということです。

それが頭痛だけではなく肩こり首こりにも繋がります。

 

それだけ頑張っている筋肉は炎症が出ている可能性が高いです。

炎症というのはいわゆる熱です!!

 

筋肉が硬い状態なのに1日仕事や家事で使わないといけません。

そんなことを続けるのでどんどん首に熱が出てきます。

 

なのでまず頭痛が出たら冷やしてください!!

家にあるアイスノンでもなんでもいいです。

とにかく冷やすものを用意して下さい。

まず冷やしてその首に溜まっている熱を逃がします。

 

だいたい首の後ろを寝ながら5分から10分程冷やしてください。

これだけです。

これだけで頭痛は少しずつ落ち着いてきます。

まとめ

たまに頭痛が出たら首や肩をマッサージしてしまう人がいます。

マッサージをしたい気持ちはわかりますが絶対にやめて下さい。

 

揉むことによってさらに炎症がきつくなる可能性があります。(マッサージしている時は一瞬楽になった気持ちになりますが…)

ぜひすぐに対応、対処しないといけないときは試してみて下さい♪