治らないとあきらめたらそこで試合終了です!!

前回のブログで《腰痛の原因はほとんどがわからない》とお伝えしました。

腰が痛いなど行ったときとりあえずレントゲンを撮って診断することが多いんではないでしょうか。

もちろんレントゲンを見て読み取れることはあると思います。

ヘルニアや脊柱管狭窄症などと言った症状が出ている場合は今後の処置をどうしていくか話を進めていくことができますが、特に異常が見つからなかった場合は『様子を見ましょう』『筋肉をつけましょう』『体重を落としましょう』など言われて、なんかごまかされたような気分になった経験は少なからずこのブログを読んでいる人はあるんではないでしょうか。

しかし、専門的分野からの観点ではレントゲン上では映らないものがあります。

それは筋肉です。

お医者さんはこの筋肉を無視していることが多いです。

あるお医者さんは高齢者の方に『歳のせいですね』なんていう人もいるみたいです。

それは間違っています。

どんな状態にも痛みが出ている原因があると私自身は思っています。

『原因がわからないから』といって整体、整骨院に通わない

原因がわからないのなら整形外科に通う必要じゃないんじゃないの?と思っている人はまだまだたくさんいます。

慢性腰痛を持っていながらも通院していない人が3割以上いるみたいです。

その中の人のほとんどが『通院しても治らない気がする』と答えたみたいです。

何回も言いましたが、そんなことはありません!!

しっかりとした問診と検査をすることで今、あなたが抱えている痛みや悩みを解決することができます。

決して諦めないでください!!

 病院に行かない3大理由

  • 通院するほどでもない
  • 通院して治らない気がする
  • 通院する費用がかかる

治したい、良くなりたいという気持ちが大事

どうせ治らないだろうと思っていると、良くなるものも良くなりません!!

『病は気から』というくらい気持ちの部分は大事です。

治したい、良くなりたいと思っているのなら行動が変わります。

例えば食事の量が変わったり、運動したり、ストレッチしたりと行動が変わります。

それこそ、整骨院にいってみよう整体にいってみようと思うかもしれません。

『私は一生この腰痛と付き合わないといけない』『肩こりは小さい時からあるから調子がいい日がいつだったのかわかりません』など色々感じていることもあると思います。

しかし、その半面このままではいけないなと思っている人もいると思います。

でれば、行動あるのみです!!

まずは無料でできるストレッチや運動などをしてみてはいかがでしょうか?