こんにちは!!豊中駅周辺で矯正と言えばレジスタ整骨院です。

1月に中盤になり、大阪でもいよいよ雪が降るんじゃないかと思うくらい寒いです。

自転車で出勤しているのですが、ネックウォーマーや手袋、パッチがないと外に出かけることができません。

完全に防寒しているのにそれでもむちゃくちゃ寒いです。自転車に運転しながら肩が上がり、歯を食いしばりながら運転しています。

こんな寒い時期によくあることは首の寝違えや肩の痛みです。普段の疲れや負担プラスこの寒さで体がボロボロになる方が多いです。

なぜかというと、寒いと筋肉は固まりやすいです。それに移動する際に肩を上げ、猫背の姿勢になってしまう方が増えます。

そうなるといつも以上に首や肩に負担がかかり、どんどん身体に負担がかかり、筋肉がカチカチになってしまいます。この状態は筋肉のバランスが完全に崩れている状態です。

そんな身体が悪い状態が続くと朝起きた時に首や肩に違和感が出ます。

寝違えになるには原因があります。

寝違えと言っても実は首の捻挫なんです!!

なので疲れ切っている時に、寝るとそのまま寝返りも打たずにじっと何時間も寝ていると首がひねられている状態が続き寝違えになる人もいれば、首周りの筋肉がパンパンに状態だと少しの動きでさえ対応できない身体になり、ちょっと首の向きを変えただけで『ピキッ!』となり寝違える人もいます。

しかし、寝違えつまり首の捻挫を起こしてもみなさん結構時間が経てば良くなってくると思っていませんか?

もちろん痛み自体は少しずつ落ち着いてきますが、何となく違和感が消えなくないですか?

それは首の捻挫自体が完全に治っていないからなんです。だから、首の違和感が続いたり、時間が経てばまた首をすぐ寝違えたりしてしまいます。

寝違えはいわゆる怪我の1つなので甘く見てはいけません。

しっかりとしたケアが必要です。

寝違えたら家でやってもらうこと

1、まずはすぐに冷やしてください!!

寝違えは捻挫です。捻挫は簡単に言うと、普段動かせれる範囲以上に関節を動かしてしまうので筋肉を傷めることです。

何回も言いますが怪我をしている状態です。

だからこそ、炎症が起きていることがほとんどです。

その炎症をなくすだけでも首の痛みはかなり楽になっていきます。

シップや保冷剤があれば十分です。

2、安静

当たり前のことだと思う方もいるかもしれませんが、安静です。

意外に首や肩を揉んでしまう方が多いですが絶対にやめて下さい。

なぜなら、炎症が起こっている筋肉を揉んだりするのさらに熱をもって痛みがきつくなる可能性があるからです。

揉んでいる瞬間は気持ちいかもしれませんが、やめておきましょう。

 

あまりも痛みがきつかったら整骨院や整体にいきましょう

あまりにもきつい痛みが続くのであれば、我慢せずに近くの整骨院や整体にいきましょう!!

 

 

身体の疲れなどを溜め込む前に、そしてこの冬を乗り越えて暖かくなる春を気持ちよく迎えるためにも体のケアをしっかりしませんか?

レジスタ整骨院は身体の根本的な部分を良くして自己回復力を高める施術をしています。

その方に応じて施術のやり方などを変えています。

痛みに耐える生活から抜け出しましょう!!